地盤保証システム

建てる前に地盤の不安を排除し、安心を10年保証します。

地盤保証システムは、家の施工に入る前に建築予定地の地盤状況を調査し、不同沈下の危険性を検証するものです。不同沈下とは、家がその重さによって不均等に地面に沈む現象のことで、基礎や外壁の亀裂、家屋の傾きなど多くの不具合をもたらします。事前に地盤を調査・検証し、必要に応じて基礎補強工事や地盤改良工事を行うことで、不同沈下の危険性を排除します。

不同沈下とは?

家を建てた土地が軟弱地盤の場合、地盤が家の重さに耐えられず不均等に沈下することを不同沈下といいます。

[不同沈下による影響]

・資産価値の低下
・健康への悪影響(めまい、肩こりなど)

実績ある解析力により不同沈下しない地盤対策をご提案

地盤保証システムに関するQ&A


土地に安定した住宅を建てるためには地盤の強度を知る必要があります。軟弱な地盤や強度に偏りのある地盤に建物を建ててしまうと不同沈下を引き起こし、住宅が損壊してしまうおそれがあります。

地盤事故が起こった場合、お客様にストレス等の負担がかかってしまいます。地盤保証システムではJHS(ジャパンホームシールド株式会社)の解析力により、地盤を沈下させない品質を提供します。

主に鉄棒の先に取付けた抵抗体(スクリューポイント)を地中に挿入し、その貫入や回転などの抵抗から調査するスウェーデン式サンディング試験を用いています。敷地内に置ける地盤強度の偏りや深さごとの土の性質を判断できる調査方法です。

安心保証

  • 安心保証
  • 地震補償付き住宅
  • 瑕疵担保責任保険
  • 地盤保証システム